マイクロバブルという言葉をご存知でしょうか?
マイクロというのは100万分の1という意味であり、とても小さいという意味ですね。
とても小さいバブル、つまり泡のことであり様々な特殊な効果を持つ存在です。

大きな気泡がぶくぶくと水中に上がってくるとのとは違い、マイクロバブルは水中をゆっくり上昇します。
この過程で汚れを素早く繊細に取り除くというのがマイクロバブルの特徴です。
小さな気泡はマイナスの電荷を帯びており、水中に漂うプラスの電荷を帯びた異物を付着しゆっくりと浮上します。

この技術は人の肌に心地よい刺激を与えるとしてお風呂などに利用されていますが、それだけではありません。
排水や汚水の処理効率の上昇やコストカットにも利用され、様々なシーンで活躍しているんです。
ゆっくりと浮上する過程でマイクロバブルはナノ化を起こし、最後には浮上仕切らずに圧壊します。
圧壊の際にフリーラジカルが発生することにより、有機物を分解するという効果を持つわけです。

そのため排水や汚染水などの浄化にも有効な手段であることが近年の研究で判明し、現在話題となっているわけですね。
水質の浄化だけでなく、菌やウィルス対策、そして生物の生理活性化という作用を持っています。
この様に排水を浄化するだけでなく様々な効果をもつ泡について、よりいっそう知識を深めていきましょう。